肩こり、腰痛に鍼灸治療 トリガーポイント療法 神戸市灘区の鍼灸院 なだ南口鍼灸院 JR灘駅徒歩1分

 

慢性痛について

small logo

慢性痛について(肩こり・腰痛など)

「肩こり・腰痛・膝痛・背中の痛み・首の痛み・足の痛み、挙げたらきりがありませんが、様々な痛みで悩まされている皆様、病院でレントゲンやCTスキャン・MRIなどの画像所見で「あなたは、何番目の骨がずれていて神経を圧迫して痛みがでているのです。」、「椎間板ヘルニアがあるので、神経を圧迫して足に痺れがでているのです。」などと言われ、変形性脊椎症や椎間板ヘルニア・変形性膝関節症などの診断を受けたことがあるのではないでしょうか?「この痛みを何とかしたいが骨の変形やヘルニアがあるので、痛みから解放されないのでは?」と思われているのではないでしょうか?


実は、この診断には大きな落とし穴があります。それは、筋肉などの軟部組織の病変に対する認識がほとんどされていないからです。


椎間板ヘルニアを例にすると画像所見と症状が矛盾する 1)「椎間板が突出していても症状のない方もたくさんいる。」という事実を記した文献もあります。実際、当院でも椎間板ヘルニアと診断を受けた方の症状が改善した症例が多々あります。また、椎間板ヘルニアに限らずに 2)整形外科的疾患のほとんどは、トリガーポイントが起因しているケースがほとんどだと考えられます。皆さんは、画像所見を見せられて様々な診断を受け、骨が変形しているから首や膝が痛いんだ・椎間板ヘルニアがあるから腰痛が酷いんだ。と呪縛にかけられているのではないかと思います。


そして、病院の治療で首・腰の牽引・リハビリなどの保存療法を行っても改善しないため様々な治療院を巡り、それでも改善しないため手術を勧められたりしているのではないでしょうか?そのような方は、痛みの真の原因に直接アプローチをするトリガーポイント療法を試して見る価値があると思います。「一鍼灸師がこのようなことを言っても信じ難い。」と、お思いの方々がたくさんいらっしゃると思いますので、こちらの先生のホームページをご覧ください。特に、椎間板ヘルニアと診断を受けた方は、いままでの概念が取り払われると思います。

トリガーポイント治療を取り入れている整形外科の先生のホームページです。

加茂整形外科医院
加茂整形外科医院

参考文献
菊池臣一(福島医科大学教授) 続・腰痛をめぐるウソ 金原出版株式会社
加茂整形外科ホームページより抜粋

page topへ↑