肩こり、腰痛に鍼灸治療 トリガーポイント療法 神戸市灘区の鍼灸院 なだ南口鍼灸院 JR灘駅徒歩1分

 

治療について

small logo
なだ南口鍼灸院 治療室

痛みの原因「トリガーポイント」を探し出す


当院では、痛み・コリの原因となるところ [筋肉に出来た痛みの原因]=トリガーポイントを触察し、鍼や手技で刺激をして患者様が「悪いところ」を 自覚できる部分にアプローチしていきます。その特徴は「気持ち良い」よりも 「痛気持ち良い」感覚です。そして、症状の改善を図ります。

どのような症状にトリガーポイント療法が有効なのか、参考までに各症状の考えられる原因については、「症状とその原因と考えられる部位」にまとめましたので、ご覧ください。 すでに治療を受けているが、なかなか症状が改善しないという方は、是非当院の治療をお試しください。また、当院で施術しているトリガーポイント療法の特徴を記載したので参考になさってください。

症状とその原因と考えられる部位

《1》パソコンをしていて肩こりがひどい
→背中にコリの原因がある可能性

《2》膝の痛みがなかなかとれない
→太ももに原因がある可能性

《3》疲れがとれない、いつも手足が冷えている
→筋肉がかたくなり、自律神経のバランスが崩れている可能性

《4》慢性腰痛・足へのしびれ感で悩まされている
→腰の筋肉のほかにも背中の下の筋肉や臀部(お尻)の筋肉にも原因がある可能性

《5》手や指先にしびれ感のある方
→肩甲骨の上に付いている筋肉から手や指先へしびれ感を生じさせている可能性

記載例は一例ですが、このように痛みや不快感を感じている部位から離れたところにある原因を探し出して治療を行い、症状の改善をはかります。すでに治療を受けているが、なかなか症状が改善しないという方は、是非当院の治療をお試しください。

page topへ↑

トリガーポイント療法の特徴

「トリガー」を辞書で引くと、「銃の引き金」、「〜のきっかけ」とありますが、ここでは、「痛み」・「コリ」の不快感の原因となるところを指します。言うなれば、「痛み」「コリ」の「震源地」「真痛点」と言えるところです。では、このトリガーポイントは、どこに出来るかを述べますと、主に筋・筋膜に形成されますが、腱・靭帯・骨膜にも形成されます。
では、なぜトリガーポイントにアプローチをした鍼・手技療法を行うと症状が改善されるかを簡単に説明いたします。

ヒトの脳は、運動器(筋・腱・靭帯)の痛みに関しては、痛みを発している部位を誤って認識するか、あいまいにしかわからないかのどちらかです。その痛みの原因は、トリガーポイントが起因している可能性が高いと考えられます。例えば、肩こりの症状では、背中の筋肉、膝の痛みは太ももの筋肉やその筋肉の腱・靭帯、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、腰やお尻の筋肉のトリガーポイントに原因の可能性があります。そのために「痛い!」「不快!」と感じているところを治療してもなかなか症状の改善はされにくいのです。

そこで、トリガーポイントの検索では、ある一定の動きをしたときだけ、「激痛が走る」「不快感が生じる」などの場合は、痛みが生ずる動作や痛みを回避する姿勢から、どの筋肉が作用しているかを運動学の視点からトリガーポイントが存在する筋肉を割り出す検索方法を行います。そして、最も重要視している点は、患者様の「認知覚」です。痛いと感じている部位と離れたところを触察で刺激を与えて「ズーン」という感覚が痛みを感じているところに生じ、患者様が「私の悪いところはそこです!!」と自覚できる部分(=トリガーポイント)に鍼や手技でアプローチしていき、脳での痛み・コリなどの不快な部位の誤認を是正させて脳からの指令(下降性疼痛抑制系)によって体内にある痛みを抑制する物質が放出されることによって、症状が改善されます。時によっては、長年痛みで悩まされて、今まで様々な治療を受けてこられた方が、数回の治療で痛みが消失するような劇的な鎮痛効果をもたらす場合もあります。

トリガーポイント療法について詳しくお知りになりたい方は、私の所属しているトリガーポイント研究会のホームページをご覧ください。

トリガーポイント研究会ホームページ
トリガーポイント研究会

page topへ↑

鍼の太さとサイズ選択について


鍼の太さは、0.18mm〜0.24mmを使用しております。患者さまの鍼刺激の感受性および、そのときのお体の状態によってサイズを選択します。


☆治療の際、女性の方には治療着をご用意しておりますので、お気軽にお尋ね下さい。

※当院では、ディスポーザブル(使い捨て)のハリ・ハリ皿を使用しておりますのでHIV・C型肝炎ウィルスなどの感染の心配はありません。
当院で使用している鍼・灸
包装してある状態の鍼 鍼
温灸
| Home | トリガーポイント・治療について | 治療のプロセス | 皆さまの声 | 慢性痛の話 |
| こんなことありませんか? |受付時間・料金 | 院長プロフィール | Links | アクセス|