肩こり、腰痛に鍼灸治療 トリガーポイント療法 神戸市灘区の鍼灸院 なだ南口鍼灸院 JR灘駅徒歩1分

 

院長プロフィール

small logo
「鍼灸治療患者のプロ」 「患者出身鍼灸師」

院長プロフィール


院長 高梨竜司 東京都出身
はり師・きゅう師国家資格取得

私とトリガーポイント療法との出会い、そして鍼灸師を目指すきっかけとなった体験談をつづったページです。是非お読みください。

トリガーポイント療法との出会い

 私は、長年かなり酷い慢性的な肩こり・腰痛で悩まされていました。さまざまな治療を受け、はじめのうちは、少し楽にはなるのですが、いまひとつスッキリしませんでした。そんな折、知人から紹介された治療院で治療を受けたところ、自分自身が気になっていたところにマッサージや鍼で刺激をされ「痛気持ちよい」感覚と「そこだ!、そこが気になっている悪いところだ!」と“かゆいところに手がとどく”感じがはっきり分かりました。そして、肩・腰がかなり柔らかくなり今まで受けた治療とは比較にならないほど痛みやコリも改善しました。それがトリガーポイント療法だったのです。

 私を治療してくださった先生は、関西鍼灸短大(現関西医療大学)出身でトリガーポイント鍼治療の第一人者である黒岩共一教授のもとで長年、研究・臨床技術の研鑚を積まれており、従来のツボや経絡を使った治療法ではなく、生理学・解剖学に基づく科学的に理論・体系化された治療法であると説明を受けました。

鍼灸師を目指す

 当時、医療関係の会社の営業職であった私は、直接的に人のためになる仕事がしたいと思っていて環境や福祉関係の仕事を考えていましたが、トリガーポイント療法を受けて自分自身が痛み・コリの不快感から解放された体験から、鍼灸師は直接人のためになる仕事だと思い、鍼灸師を目指すこととなりました。

その後、鍼灸専門学校に進み、在学中の2001年から黒岩先生主宰のKTPトリガーポイント研究会に参加させていただいています。研究会ではトリガーポイント療法を基礎から学び、KTPトリガーポイント鍼療法の技術研鑚に励み今日に至っている次第です。
そして、現在も日々進化していく技術の習得のため講習会に参加しております。

トリガーポイント研究会 トリガーポイント研究会へのリンク

注)現在、トリガーポイント研究会は鍼灸師などの国家資格取得者のみの参加となっております。

最後に…

 イラストレーターの方が私のイラストを描いてくださったので、顔写真の代わりに掲載させていただきます。

似顔絵

page topへ↑

| Home | トリガーポイント・治療について | 治療のプロセス | 皆さまの声 | 慢性痛の話 |
| こんなことありませんか? |受付時間・料金 | 院長プロフィール | Links | アクセス|